scrap-it-to


2月の「午」の日は、「いなり寿司」を食べて金運アップを!

2019.02.07 07:58

photo_0074

 

こんにちは。鏡月です。

 

」の日は、「稲荷神」のご縁日。

その中でも、2月最初の「午」の日を、

 

初午

 

次の「午」の日を「二の午」、その次の「午」の日を「三の午」と呼ぶのですが、

 

2月の「」の日に、お腹いっぱい「いなり寿司」を食べると金運がアップする

 

という、昔からの「ゲン担ぎ」があります。

実は、2019年(己亥×八白)の年というのは、

 

昔ながらの「風習」や「ゲン担ぎ」を実践すると運気がアップしやすい

 

という傾向があるため、こうしたちょっとした「ゲン担ぎ」的なことも積極的に実践すると、運気がアップしやすいので、今年は是非、実践したいところです。

 

 

なお、2019年の2月の「」の日は、

 

  • 初午→2日(
  • 二の午→14日(木)
  • 三の午→26日(火)

 

となっており、この日は是非、「ランチ」でも「夕食」にでもいいので、「いなり寿司」をいただいて、この1年の金運をググッとUPさせたいところ。

 

「手作り」で作ってもいいですし、参考商品のような、スーパーで売っている市販の「油揚げ」を利用してもOKです。

 

 

 

ちなみに、「いなり寿司」と言うと、

 

関東風 VS 関西風

 

を巡ってバトルが起きやすい食べ物の一つですが、今年は「どちらがいい」というよりも、

 

ご自身にとって、「食べ慣れた味付け」のものがベスト

 

なので、「関東風」でも「関西風」でも、お好きなものでいただくことをオススメしますが、もし可能であれば、これも「具材」に入れて欲しいのが、

 

白ゴマ」と「

 

この2つの食材は、金運を増幅させる食材なので、酢飯を作る際に、一緒に具材として投入していただくことをオススメします。

「栗」については、「甘露煮」でなくても、コンビニなどで普通に置いてある「甘栗」を小さく切ったもので構いません。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

むき甘栗(300g)
価格:328円(税込、送料別) (2019/1/31時点)

 

 

もし、3日間も「いなり寿司」を食べるのはちょっと苦痛…という場合は、

 

きつねうどん

 

でも結構です。

このとき、「鍋焼きうどん」など、なるべく「具材」は多めの方が、「金運アップ」という観点からは断然ラッキーです。

 

 

 

以上、物凄く「ちょっとしたこと」ではありますが、

 

2019年は「普段の積み重ね」が物を言う年

 

なので、こうした「ちょっとしたこと」も侮らず、積み重ねて行っていただけましたら幸いです。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する